目的別お庭づくりのご提案!

お庭をつくる時、何か目的がある方が多いのではないでしょうか?
例えば、ペットを飼っているのでペットが過ごしやすい庭や、ご近所をよく招くのでバーベキューしやすいお庭、など、ご希望は様々あると思います。
ここでは、目的別お庭づくりのご紹介をしていきたいと思います!

お庭でたくさん植物を育てたい方へ
お庭づくりのお勧めポイント!

どんな植物を植えるか、どんな色合いにするか、植物のことばかり考えていませんか?
でもその前に、ガーデニングを楽しめるお庭にするためにはどうしたらいいかを考えることも大切です。家が建っていざガーデニングを始めようとした時に、水回り、物置の場所が悪いせいでガーデニングが一苦労…なんてことにならないよう、しっかり計画をしましょう!

水回りは中心部分にあることが理想

ガーデニングを楽しむのは、きっと前庭や主庭が多いと思います。なのに水回りが裏庭にしかなかったら、一回一回裏庭まで行って水を運ぶ労力がかかります。
ガーデニングを楽しむ場合は、水回りを主庭にも設置しておきましょう!

備品はすぐ手の届く場所へ

物置は大体裏庭にあるのが一般的です。
しかしガーデニングをするときに一回一回裏庭に行って土や肥料を運ぶのはとても面倒で時間がかかります。
スペースがあれば、ガーデニングスペースに小さな物置がおけることが理想です。もちろん景観を乱さない程度のものがいいかと思います。

水はけをよくすること

コンクリートに囲まれた敷地の場合、雨が降ると敷地内に水が溜まり足元がドロドロになることがあります。そんな状況ではせっかく植えた植物たちも育たず枯れてしまいます。
大掛かりな工事だと土を掘って水脈を作らないといけない場合もありますが、粘土質の土に砂と鹿沼土を混ぜる方法でも水はけをよくすることができます。

花壇の場所やどんな草木を植えるかは外構施工が終わってからでも出来ることですが、水回りや土づくりは最初のうちにやっておかないと後でまた時間と労力を使うことになります。
目的に合わせて事前の準備は大切なことです。

子供が自由に遊べるお庭にしたい方へ
お庭づくりのお勧めポイント!

子供が歩けるようになったら、遠くへ遊びにいけない時でも庭で自由に遊ばせてあげたい。そんな思いをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
もう少し子供達が遊べるスペースを作っておいてあげるべきだった…と後悔しないよう、計画を立てることは大切なことです。

まず第一は安全性を重視

小さなお子様が外で遊ばれる際に一番心配なのは、外に飛び出して事故に合わないか。転んで頭をぶつけないか。
そうならない為にも、カーゲートや門扉を利用したクローズ外構にすることで、外への飛び出しを防ぐことができます。
また、素材を芝生や土など柔らかい素材にすることで転んだ時の衝撃を緩和することもでき、大きな事故を防ぐことにつながります。

スペースの確保をする

主庭にウッドデッキやテラスを設置することでお子様が伸び伸びと遊べるスペースになります。夏には簡易プールを広げながらバーベキューなども楽しめます。また、隅に家庭菜園用のスペースを設ければ、お子様にも食物の栽培を経験してもらうことができ、今重要視されている食育にも役立ちます。

成長に合わせて変化できるスペースを

お子様は目まぐるしい速さで成長していきます。
三輪車に乗っていたのが気がつけば自転車になり、大きさも徐々に大きくなっていきます。お子様がストレスなく安心して駐輪できるスペースの確保も大切です。また、カーポートも少し広めにすることでチャイルドシートへの乗せ入れも簡単に行えます。事前にしっかり計画を立てましょう。

お子様が使いやすいお庭は大人にとっても使いやすい庭です。スペースがきちんと確保されているので、洗濯物を干したり、大人同士集まるときにも利用できます。
家族みんなが過ごしやすい家、その為には室内だけではなく外構も大きな役目を担っています。

お友達をたくさん呼んでバーベキュー!
お庭づくりのお勧めポイント!

せっかくのマイホーム。お庭が確保できるならお庭バーベキューはやってみたいですよね。
最近ではお庭でグランピングをされる方も多く、お庭で過ごす時間に重きをおいて計画を立てられる方も多くみられます。

芝生だけでは暑さは回避できない

お庭の地面を芝生にされる方も多いですが、芝生だけでは暑さは回避できません。日光は頭の上から降り注ぎ、せっかくの楽しい時間を長く楽しめません。そんな時は、シェードがお勧めです。優しく陽の光を遮り木陰を作って風通しは抜群です。
小さなお子様から大人まで大勢でもすっぽり入れるシェードはバーベキューにはお勧めです!

ウッドデッキには屋根を!

主庭にウッドデッキやテラスを設置することも大勢でバーベキューを楽しむにはお勧めです。もしウッドデッキをつけるなら、屋根があるものにしましょう!
日よけになるのでバーゲキューだけではなく、洗濯物を干すスペースにも役立ちます。

コンロや炭が置ける場所の確保を!

気軽にバーベキューをすることで大切なのが、準備が簡単にできることです。せっかくスペースを作っても準備が面倒で利用するチャンスが少ないのでは勿体無い。
長く利用できる物置をスペース近くにおいて置くことで準備も簡単に行え、片付けも手間がかかりません。

ペットが過ごしやすいお庭をつくりたい方へ
お庭づくりのお勧めポイント!

ペットも大切な家族の一員です。そのペットがストレスなく安心して暮らせるお庭づくりを重要視される方も最近ではとても多いです。
例えばワンちゃんが快適に過ごせるお庭はどんなお庭でしょうか。

天候への配慮

ワンちゃんを室内で飼われる方や屋外で飼われる方、飼い方は様々です。室内犬でも外に出てトイレをすることもあると思いますが、雨の日や日差しが厳しい時の為にテラス屋根は必需品です。また、庭に少し大きめの木を植えておくことで、夏は日よけになり、冬は葉が落ちて陽の光を取り込むので季節に合わせて快適性を生み出します。

犬に優しい安全な舗装材

ワンちゃんの肉球はとても繊細です。コンクリートのお庭では夏の照り返しで肉球を火傷してしまうことも。また、滑りやすい素材では、足を痛める原因にもなります。
熱を吸収しにくく、滑りにくい素材の人工芝やスタンプ式のコンクリートだとワンちゃんにかかるストレスも軽減でき、安全に飼うことができます。

飛び出さない為の対策を

室内で飼っているワンちゃんでも気がつくと外に飛び出していることがあります。門まわりにはワンちゃんがすり抜けることができない幅を確保したフェンスの設置がお勧めです。また、ワンちゃんの安全性を考えると木製のものだと傷がつく場合があるので、アルミやスチール材だと滑る素材なので安心です。